キャッシングの在籍確認で聞かれることと、会社にバレた事例の紹介

消費者金融の審査で心配なのが勤務先にかかってくる在籍確認電話という方はとても多いです。

どんなことが聞かれるのか、会社にばれてしまうケースがあるのかなどあれこれと考えて不安でいっぱいになってしまう方も。

まず安心してほしいのは消費者金融会社が在籍確認の電話をする際は社名を名乗ることは一切ありません。基本は担当者の個人名を名乗り電話をしてくれます。

聞かれることもまずは申し込み者さんは今会社にいるかどうかを確認することです。

例を挙げると「山田と申しますが○○様はいらっしゃいますか?」そして本人がでた場合は「はいそうです。」
本人が不在の場合は電話に出た方が「○○は今外出しております。」と申し込み者が勤務しているということを答えてくれ、確認できればそれで終了となります。
会社によっては本人がでた場合に生年月日などを聞くといったケースもありますが通常は他の方に知られないように配慮してくれるので確認できればすぐに電話が終了します。

あれこれ聞かれることもなく、すぐに終わりますのでまず会社の方に知られることはありません。
会社にばれてしまったという事例は電話に出た会社の同僚の方が同じような電話の経験者である場合です。
そういった場合はクレジットカードの在籍確認と言えばとやかく聞かれることはないでしょう。

また、前もって電話が来る前にクレジットカード会社から電話が来るかもしれないと同僚に話しておけば、消費者金融会社からの電話と疑われずにスムーズに済みます。

どうしてもキャッシングの在籍確認電話を避けたいという場合は、アコムやプロミスであれば前もって相談すれば違う方法で在籍確認を検討してくれますので申し込みの際に問い合わせてみましょう。

サブコンテンツ

このページの先頭へ